Taking too long? Close loading screen.
Breaking News
Home / Article

Custom style

  1. Home
  2. Knowledge Base
  3. Car
  4. Custom style

Vanning

http://www.geocities.co.jp/MotorCity/8017/bunkatu.html より転載   ●バニングの歴史 まずは、バニングの歴史から語らせてもらいます。バニングの聖地はアメリカ。1960年代の中頃、アメリカ西海岸の若者の間からから生まれたのです。その当時、流行っていたのがのサーフィンで、長い板や荷物も載せられ、風(波)待ちに車の中で寝られるように、バン(日本でゆう商業者)を利用したわけです。サーファーは若者だから、当然、お金がそんなに無い訳です。(この辺は今も昔も同じだね・・・)そこで彼らは、安い中古のバンを買ってきて、内外装も中古のパーツを集めて自分好みのカッコイイ車を作っていったわけです。 バニング(vanning)名前の由来は、そのバン(van)を改造してできた車なので、イング(ing)を付けたものだそうです。ちなみに、トラッキン(Trucking)(注:トラッキングと読まないのは、最後のグを発音しないのがシャレた言い方だそうです)も、トラック(truck)にイング(ing)をつけた形だそうです。 もともとアメリカでは、昔から自分の車は自分でメンテナンスをするというのが習慣だったそうです。そのため、車をイジるのはそんなに珍しいことじゃないそうです。特に好奇心旺盛な若者達には・・・ いったんブームに火がつくと、当然出てくるのは専門ショップ。改造の規制も無いアメリカではやりたい放題の改造が展開され、サーファーじゃない人達にもカッコイイと人気が出て、次第にバニングは外観を見せあうショーが派手になっていきました。それが70年代後半で、一番のピークを迎えた年でした。(アメリカの一斉を風靡した訳ですな)しかし、80年代になると経済的低迷期に入り、急速にブームは衰え、影の薄い存在になったのです。 日本では、70年代の中頃、アメリカで絶頂期のバニングを自分の目で見た若者などが、本などを参考にしながら見様見真似で始めました。60年代のアメリカの若者の様に。。。 ところが、日本には大きな落とし穴があったのです。それが『道路運送車両法』だったのです。改造に対しては人(国?)一倍厳しい日本では、改造に対する法律がかなり厳しかったのです。ちょっとバンの内装をイジると「違法改造」になっちゃうから、これを克服するのが課題になってしまったのです。当然、アメリカと同じ改造はできないので、日本独特の改造が進み、”キャンピング車”というジャンルを見つけだし、苦労の末にクリアしたのです。(すばらしい♪) 80年代に入ると、日本経済の好調さも手伝い、多くの若者の間で指示を受け、専門ショップも急増しました。(日本も一緒だね。)外装はエアロパーツのためかなり違いますが、内装はほぼ現在と変わらない形のものが存在したそうです。ブームとゆうことで各地にたくさんのバニングクラブができ、日本でもクラブ主体のショーが行われるようになったのです。それに、追い討ちをかけたのがバブルです。長期で高額なローンが若者でも簡単にできたので、ショーに入賞するために金をかけ超度派手な車が誕生したのです。これがいわゆるショーカーといわれるものです。(1000万は軽く超えたらしい・・・) そして現在では、バブルも崩壊し、お金のない若者が(私もです。(T_T))街乗りにも遠出にも使え、同時にオシャレも楽しめるバニングにしてきました。やはり、原点に返ってきたのですね。 ●バニングの魅力 バニングの魅力とは?これは、まさに十人十色だと思います。ここでは、私個人の考えであることをまず第一に申し上げておきます。 車で言えば、やはりあの大きなボディという人もいるでしょう。いやいや、外観の美しさであると言う方もいるし、内装の綺麗さだと言う人もいます。まさしくこれも多種多用なんですね。しかし、僕はなんと言っても色々な所へ行けて、その場その場で活躍してくれるのが魅力だと感じています。そう思うのは、僕はスキーをしますがゲレンデまで行って、ベットで一眠りとか、遠出で疲れたからベットで一眠りができる等、とにかく車内でくつろげることができるからなのです。他の車ではなかなかゆったりくつろぐことはできませんから・・・ それと、バンナー(バニングに乗っている人のことをこう呼びます。)にとって、バニングとは「自分の生きがい」や「自分の息子のような存在」であると思っています。乗ってる方は皆さん自分の車を愛していると思いますよ。そんな方達が集まるバニング特有のイベント、交流会などは大変面白いそうです。(私はまだ行ったことがないので多くは語れません・・・m(_ _)m )聞く所によると、バンナー同士の情報交換やみんなでツーリングに行ってそこで遊んだりとしているそうです。 でも、私のお気に入りは見知らぬ人とのラッパコールです。ラッパコールを詳しく説明すると、見知らぬ街で、見知らぬバンナー同士が道路ですれ違うときに挨拶代わりにラッパ(車のホーン)を『ブッブッ』や『プップッ』(鳴らし方やホーンの音色は人それぞれ違います。)っと鳴らし合うことです。鳴らしてもらったり自分から鳴らしたりします。鳴らしてもらった場合は、当然お返しとして鳴らすのはバンナーの礼儀となっています。最初は恥ずかしいかもしれませんが、慣れるとすごい気持ちいいです。”あっ。共通の趣味を持った仲間だ。”ってゆう気持ちになれるのです。いわゆる即席のお友達ですね。でも、時々鳴らしたのに鳴らなかったりもします。でも、そこは腹を立てずに気の合わなかった即席の友達だったんだと思っておきましょう。いつか、良いバンナーに巡り会えますから。 ●バニング用語(外装編) ここではバニングの外装に使われる用語の説明をします。 ●アンダーエアロ...
  • 0
  • 254
X